HOME SITEMAP LINK

爬虫類・魚類

哺乳類や鳥類だけでなく、爬虫類・魚類などの皮も、革としてよく加工されています。特に爬虫類は、独特の模様などで高い人気を誇っています。ただ、ウロコ系の革製品はその風合いを大事にするため、念入りに加工されていないことが多いので、注意して手入れすることをおすすめします。

ヘビ

ヘビヘビから取れた革革に加工される爬虫類の中でも、ヘビは独特の模様で多くの人に人気があります。また、ヘビの種類は2000種以上もあるとされ、種類によってその模様もさまざま…。なかでも、アジアの熱帯地域に生息しているダイヤモンドパイソンというニシキヘビは、丈夫で模様もきれいで大きさも申し分ないことから、珍重されています。

このダイヤモンドパイソンは、一番大きなものだと体長10mにもなり、地球最大とも言われているんですよ!はっきりしたキレイなダイヤモンド模様のものほど、価値は高くなります。背中の模様が残っている原開きと、お腹の部分を使った背開きと、加工方法によって大きく2つの革に分けられます。ダイヤモンドパイソン以外のヘビの革は、あまり丈夫ではないので、取り扱いには十分な注意が必要です。

ページの先頭へ

ワニ

ワニワニから取れた革ワニもまた、革の原材料として有名ですね。ワニ革は、爬虫類皮革の代表格と言ってもいいでしょう。大きくアリゲーター、クロコダイル、ガビアルの3つの科に分けられます。これらのワニは、熱帯から亜熱帯にかけての河川、湖沼、海岸などに生息しています。さらに、その中でもイリエワニ、ニューギニアワニ、ミシシッピワニ、カイマンといった種類が革製品に多く利用されています。

細長い口とへらべったいシッポを持っていて、目と鼻孔だけが水面上に出るようになっているんですよ。また、丈夫なウロコでおおわれている背中が特徴的です。高級品として、バッグやベルトなどに使われますが、一番良質なのはクロコダイルと言われています。きれいな四角形が整然と並んでいるものほど、高級品となります。ちなみに、今出回っているワニ革の80%以上に養殖のワニが用いられています。

ページの先頭へ

カエル

カエル意外かもしれませんが、カエルの皮も革製品に利用されるんですよ。もちろん小さなカエルでは無理ですが、熱帯地域に生息しているような大きなカエルなら革製品に加工できます。

カエルの革の多くは、財布になります。カエル革の財布というと“お金がかえる”となって、縁起がいいと言われ、開運グッズとしても大好評です!テレビや雑誌でも紹介され、今ちょっとしたブームになっていますね。

カエルの革はとても珍しく、アセアン諸国では、高価なカエル革製品を持つことはお金持ちの象徴と考えられています。カエルは世界中あらゆるところに生息し、陸と水中の両方で生活する両生類として知られています。

ページの先頭へ

トカゲ

イグアナトカゲから取れた革トカゲは世界に3700種以上いますが、そのうち9種類ぐらいしか革としては取引されていません。デジューという種類は、ウロコに光沢があって、白黒のまだら模様が特徴といえます。

革としては、目が詰まっていて独特の模様をしていることから、お腹の部分が好まれています♪また、リングマークリザードという種類は、背中の部分に斑点が規則正しく並んでいます。どのトカゲも模様が特徴的なので、それを最大限に活かして加工されることが多いですね。そのほか、トカゲの仲間のイグアナも皮に用いられます。

ページの先頭へ

サメ

サメ世界には、約400種のサメがいると言われています。食用、薬用と幅広い用途のサメですが、革製品にも使われています。サメの特徴でもあるザラザラとしたサメ肌は、きちんと処理したあとになめされるため、やわらかい手触りになります。とは言ってもサメ革の表面には、頭部から尾部に向けて細かい網目状になった凹凸が連続して付いています。
大型のサメになると、この網目状の模様が大きくなっていくんですよ。お財布やアクセサリー、小物などに用いられることが多いですね。革として使うことができるサメの種類は、20種程度とされています。ちなみに、サメの大きさは体長50cmのものから、13mになるものまでいます。

ページの先頭へ

エイ

エイエイもサメと同じように世界中の海にいる魚です。約500種いるとされていて、スティングレイと呼ばれるエイが一般的には革として使われます。これは刺すトゲを持ったエイという意味で、その名のとおり背中側の尾の部分に長いトゲを持っているためと言われています。表皮を取り除くと、小さな粒状の楯鱗(じゅんりん)というウロコがあらわれるものもいます。
この楯鱗は“石”とも呼ばれ、成分はリン酸カルシウムで、歯の構造とよく似ているんですよ。さらに背中の真ん中ぐらいの部分には、真珠のような“石”を中心に小さめのものが楕円状に並んでいるという、何とも面白い模様をしています。また姿かたちも面白く、へらべったい体をしています。おとなしい性格で、砂底の貝などを食べて生活しています。水族館の人気者としても知られていますね!

ページの先頭へ