HOME SITEMAP LINK

哺乳類・鳥類

さまざまな動物の皮から、革が作られます。どの動物にも共通しているのは、子供の皮はやわらかくて、大人になるにつれてかたくなっていきます。同じ動物でも、年齢によって皮の性質が変化するため、異なった質感の革に仕上がります。ここでは、哺乳類と鳥類の革を紹介しましょう!

牛

牛牛から取れた革牛は、世界中で約14億頭飼育されていると言われています。頭数の多さ、1頭からとれる皮の多さ、品質のよさなどの理由で、牛の皮は古くからさまざまなことに使われ、親しまれてきました。見た目もきれいで丈夫という点が、人気の理由ではないでしょうか。牛は年齢や性別などによって、さらにいくつかの種類に分けられます。

カーフ

生後6ヵ月以内の子牛から作る革です。牛の中でも最高級品とされています。キメが細かくて、やわらかく、多くの人々に愛されています。特に、特殊な製法で仕上げたボックスカーフは有名ブランドのエルメスが採用していることで知られていますね。また、生後3ヵ月までの「タンニンなめし」の革をベビーカーフと呼ぶことがあります。きれいなツヤと繊細な薄さを持ち合わせています。

キップ

このキップは、日本国内だけでの呼び名になります。生後6ヵ月〜2年ぐらいの牛の革のことをいいます。あまりキメは細かくありませんが、カーフよりも厚くて丈夫なのが特徴的です。

ステア

生後2年以上経っている牛のうち、3〜6ヶ月のあいだに去勢した牛から作る革です。一番多く使われているのが、この革ですね。

カウ

出産経験のある、生後2年ぐらいの牛の革です。厚さ、キメの細かさ共にキップとステアの中間くらいと言えるでしょう。ちなみに、未産の牛から作る革は、カルビンといい、なめらかなキメで、カウに比べて上質とされています。

ブル

去勢せずに、生後3年以上経った牛から作る革です。このブルは厚くて丈夫なので、靴底や工業用の革として加工されますが、キメが粗いという欠点があります。

ハラコ

漢字で書くと「腹子」となります。胎児のときから、生後間もない子牛の革のことをいいます。1頭の牛からとれる量が少ないので、ほとんど出回ることはありません。

水牛

最後に水牛を紹介します。バッファローには、ほとんど毛がないため、楽に加工することができます。やわらかくて水に強く、高級素材として人気があります。

ページの先頭へ

馬

馬皮そのものの質感は、牛と同じような感じです。馬の革は繊維が粗くて、摩擦に対する抵抗力も弱いため、靴のライナーやジャケットなどに多く使われています。そんな馬は、おもに2種類に分けられます。なかでも、お尻の部分から作る、光沢が魅力的なコードバンとよばれる革は別格で、珍重されているんですよ。

コードバン

コードバンは、「タンニンなめし」を施した馬のお尻の部分から作る革のことをいいます。毛穴がなくて、緻密(ちみつ)な繊維が特徴といえるでしょう。このため、丈夫で、あふれるような光沢が一番の魅力です♪高級素材として靴や、腕時計のベルトなどに使われています。

ホースレザー

コードバン以外の部位から作る革は、ホースレザーとよばれています。かたいコードバンとは違って、ホースレザーはやわらかさと手触りのよさが特徴的です。これも、靴の裏革などに多く使われます。

ページの先頭へ

豚

豚豚から取れた革豚革は、ピッグスキンともよばれています。摩擦に強く丈夫な革で、牛革の次に色々なものに利用されているんですよ。唯一、豚革は日本国内で自給でき、海外へもたくさん輸出しています。なんといっても、3つかたまって並んでいる毛穴が特徴的なため、すぐに豚革と分かります!ちなみに、豚の皮に「タンニンなめし」を施し、染色して銀面をこすったものを「あめ豚」といいます。

ページの先頭へ

羊

羊羊から取れた革細かなキメと、やわらかさが人気の羊の革は、しっとりと肌に吸い付くような質感で手袋やブーツなどによく利用されています。羊は種類によって、違った特徴をもっています。縮れた巻き毛の羊「ウールシープ」の革は、繊維の絡みが少ないためやわらかいですし、直毛の羊「ヘアーシープ」は、丈夫な革です。また、生後1年以内の子羊の革はラムスキンといい、高級手袋などに使われて珍重されています。

ページの先頭へ

ヤギ

ヤギヤギから作る革には、薄くてやわらかいにもかかわらず丈夫という特徴があります。大人のヤギの皮の表面には、きれいな凹凸があって耐摩耗性にも優れているんですよ。大人のヤギの革をゴートスキン、子ヤギのものをキッドスキンといいます。このキッドスキンは、染色したときの発色がよく、高級な靴や手袋に使われていますね。

ページの先頭へ

鹿

鹿鹿の革は、野生の鹿がたくさんいた時代から日本ではよく利用されていました。抜群の柔軟性が魅力といえるでしょう。野生のものはキズが多いという欠点がありますが、最近は人工飼育で質のいいものができるようになってきました。水に強く、濡れても変質しにくい点が根強い人気の秘密ではないでしょうか。

ページの先頭へ

ダチョウ

ダチョウダチョウから取れた革オーストリッチとよばれるダチョウの革は、ボツボツとした突起が独特の風合いをかもし出しています。ダチョウは胴体だけでなく、脚の皮からも革を作ることができるんですよ。脚の部分は「レッグ」といい、爬虫類のウロコのような模様をしています。鳥類の中でも一番珍重されていて、丈夫で、使いこむほどに出るツヤは、多くの人々を魅了してやみません♪その重厚な雰囲気から、高級品の素材として人気があります。

ページの先頭へ